スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色鉛筆画に挑む

夜、パソコンやゲームをすると光刺激で不眠になるので、
目がちかちかしない趣味を探しています。

今回目を付けたのは、 色鉛筆画。

ゆるいイラスト風ではなく、写実的タッチの絵を描きたいな、と
思いました。



上の本のドーナツ、写真じゃなくて色鉛筆なんですよ、
すごいですよね!

この本を注文してみたところ、大変分かり易かったです。

1.下塗り

2.陰の色

3.メインの色

4.明るい色or光沢

5.仕上げ


の工程で説明されているのです。これ、何かに似てるでしょ。

そう、デジタルイラストの「レイヤーの概念」です。

今までさんざんデジタル画を描いてきたので、
この工程はすごく分かり易いです。

他の教本も取り寄せてみたのですが、やたら混色について
説明されるばかりでよくわからなかったのを
この本が補完してくれました。

これを見ながら、これから少しずつ練習していきたいと
思います。

ちなみに私はこの本、1280円で購入したのですが、
アフィリエイトを貼った時点では48000円をつけています。

品切れ?(汗)

他の通販サイトでは1890円程度なのですが。




こちらの本が、混色について説いている本。

良く見ると、後半以降で同じような工程を説明してくれています。
ただし、わかりづらいです。
前半で色の塗り方ばかりやってたのに、いきなり
プロ級の絵に挑まされます。




他の本も、立ち読みしてみたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

web拍手
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

雪花綴り

Le Ciel Bleu
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。