スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンド2クリアー!

ワンドオブフォーチュン2、クリアしました~♪

「1」の方は、学園ラブコメディで、
まあ、何て可愛らしい乙女ゲー♪って感じだったのですが、
今回はシリアスでした。



350年前にとばされて、当時の大戦争に巻き込まれる面々。
全属性を得て、前より大人びた主人公が、
困難に直面します。
「お花さん~小鳥さん~」だった1とは
大違いのシリアスシーンの連続です。

合計7人の男性陣との恋愛と、
全てのキャラをクリアーしたご褒美の
ハッピーエンドが体験できます。

(以下、ネタばれ)
「1」の時は、何かどれもモヤモヤーっと
するエンディングが多かったんですが、
今回は皆、胸がスッキリするエンディングでした。

前はビラール殿下が第2王子なのにもかかわらず、
ちゃっかり王位を継いでて、ご都合主義だなあ、
と思ったし、
アルバロEDなんか、魔法で緊縛プレイですよ。
何が楽しいの?って感じでした。
ラギは成体のドラゴンなれるようになったけど、
こっそり裏山でドラゴンになって主人公と
たわむれるだけ。「それが何?何が言いたかったの?」
って思ってました。

でも、今回は皆、かなり残酷と言える仕打ちに遭い、
深く自分と向き合って、飛躍した結末を迎えました。
(以下、文字反転します。)

ビラールは愛する祖国に二度と踏みいらないことを
条件に祖国に水の恵みをもたらし、
ラギはドラゴンであることを捨て、完全に人間に。
アルバロは平気で人殺しもしてたのが
主人公のため自制し、心から主人公への愛をかみしめ、
エストは自らの運命を受け止め、組織の
活動を全面的に変革する決意を固めました。
純粋に魔法を愛するノエルは
何と自分の力で人を殺めてしまい、それがきっかけで
魔法への認識を改め、魔法省のトップになって
魔法管理を努める道へ。
唐変木なユリウスは、自らの衝動に突き動かされ
はっきりした感情を持って、魔法を極めるため
黒の塔へ進みました。

前の学園ラブコメからは想像も出来ないほど
シリアスな展開に驚きの連続でした。

実は最初、「シリアスなのはちょっと・・・。
前みたいな能天気なのがいいなあ」と思って
いたのですが、やっぱりこっちの方がいいです。
シリアスと言っても、所々に笑いどころがあって
肩の力も抜けます。

ボリュームもたいしたもの。
既読スキップしなければ、ひとりひとり
ちょっとした小説です。

クリアすればおまけのSSSも読めるし。

「○の紙片」というアイテムで、
それぞれのキャラの4コマ漫画も楽しめます。

アンジェリークや遙かなる時空の中で、など
黎明期の乙ゲーを知ってる身としては、
最近の乙ゲー、すごいな!という感じです。

おかげで他の乙ゲーもしたくなってしまいました。

今、4タイトル積んでます。

「金色のコルダ3」
「十三支演義」
「カヌチ二つの翼」
「うたの☆プリンスさまっRepeat」

(乙ゲー友の、久海さんの感想を
 かなり参考にして買いました。
 久海さん、お世話になってます)

ああ、そういえば「ときめきメモリアルGS3」も
一人しか攻略してませんでした。
また、続きしたいなあ。


ところで、どうでもいいんですが、
この「ワンドオブフォーチュン2」でも
私、鈴木千尋さん(ノエル役)の演技に
悩殺されてましたw

鈴木さんの声がスキになったのは
「テイルズオブジアビス」のルークからです。
その中でも最初の傲慢ルークじゃなくて
後半のへたれルークがスキです。
純粋でワンコみたいなのが可愛い。
ティアの気持ちが分かる!
後は、「ときメモGS2」の氷上格くん。
主人公を自分の家へ誘う時の
声のひっくり返り具合が好きですww
恋愛にうぶで、純粋で
小学生レベルな駆け引きなしの恋に
憧れます。自分と同レベルだからかな?

また他のゲームでも鈴木千尋さんの演技が
見たいです。

うーん、今日は語ったな!
お疲れです~~~♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

web拍手
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

雪花綴り

Le Ciel Bleu
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。